歯に入った色素を分解

歯科治療

歯には非常に小さな穴が数多く開いていて、そこに食べ物や飲み物に含まれる色素が入り込むことで、黄ばんだ見た目になってしまいます。その穴に入り込んだ色素を化学的な作用によって取り除くのがホワイトニングで、長堀橋でも多くの歯科で受けることができます。主に過酸化水素や過酸化尿素が含まれた薬液を歯に塗布し、色素の分解を促します。そんなホワイトニングには自宅でマウスピースを使うホームタイプと、医師に薬剤を塗布してもらうオフィスタイプの2通りがあります。ホームタイプは歯が白くなるまでの時間が長い代わりに、元に戻りやすいという性質があります。それに対してオフィスタイプは、白くなる時間も元に戻る時間も、ホームタイプより短いです。そして、その2つを併用して効果を高めることも可能です。

情報が得やすくなった

治療器具と歯型

長堀橋でホワイトニングが注目されている理由としては、情報が得やすくなった点が挙げられます。従来のホワイトニングといえば、具体的な内容を知るためには直接歯科を訪れなければなりませんでした。そして、一部の人だけが受ける特別な治療というイメージを持たれがちという側面もありました。けれど、インターネット環境が発達した現代では、スマートフォンやパソコンから簡単にホワイトニングに関する情報を得ることができます。歯を白くするメカニズムはどのようなものなのか、費用の相場がどれくらいかといった情報を事前に得ることで、ホワイトニングを受けるハードルは低くなっています。そうして、自分でも問題なく受けられるということがわかるため、実際にホワイトニングを検討する人が増えるわけです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中